安住生活 いつでも どこでも 安心を
ログイン

メールアドレス / アカウント名/携帯番号

パスワード

123

アカウント名

メールアドレス

パスワード

もう一度パスワードをご入力ください

上記のメールアドレスで会員登録の認証をお願いします

アカウント名

携帯番号

認証番号

パスワード

もう一度パスワードをご入力ください

上記の携帯番号で会員登録の認証をお願いします。

携帯番号でパスワードを再設定

携帯番号

認証番号

新しいパスワードをご入力ください

もう一度新しいパスワードをご入力ください

親友を追加

何かと言って

広東省博物館
広東の歴史と自然と文化の展示物がギッシリ詰まった博物館へGO!
基本情报

住所

広州市天河区珠江新城珠江東路2号
www.gdmuseum.com

TEL/FAX

020-3804-6866

アクセス

地下鉄3号線、5号線の珠江新城駅から徒歩10分、APM線の大劇院駅から徒歩3分

駐車場

なし

入場料

無料(身分証かパスポートが必要)

営業時間

9:00〜17:00(チケット受け取り時間8:50〜16:00)

 2010年に開催された広州アジア大会前後、珠江新城では外資系ホテルをはじめとするさまざまなユニークな形をした施設が建てられた。広州図書館、大劇院、海心沙、広東省博物館などがその代表的な建物だ。このうち、黒いブロックを組合わせた外観を持つ広東省博物館は、6.7万㎡の建築総面積に16.6万件の所蔵品がある、広東省の中でもスケールの大きい博物館だ。一度は行く価値のある同博物館をご紹介。

 広東省博物館の魅力は何といっても豊富な展示物や所蔵品はもとより、入場料が無料である。物価上昇が続くこのご時世、博物館といった公共施設が無料で入場できるのは、非常に有り難い存在だ。ただし、チケットを受け取る際、身分証の提示が求められるので、パスポートは忘れずに持参しよう。

 同博物館には、広東自然資源陳列、広東歴史文化陳列、館蔵歴代陶磁展覧、潮州木彫芸術展覧の4大展示場が設けられており、自然と歴史は4階、陶磁器は3階、木彫は2階から見学できる。広東自然資源陳列では、広東省に分布する地質や鉱石、キラキラ輝く宝石の紹介からスタートする。館内の撮影は問題ないが、ストロボは禁止されている。続いて薬草と小動物・爬虫類の紹介。それが終わると、視界が急に広がり、天井からクジラやイルカの模型が漂う迫力ある光景が飛び込んでくる海洋館が登場。

 階段を降りていくと、クジラの化石や恐竜時代の海の化石が展示。さらに下に降りると、上の階までもラクラク届く首の長〜い首長竜や肉食・草食恐竜の化石が展示されている古生物館に入る。今にも化石が動きそうなリアル感ある展示に大人も子どもも喜ぶこと受け合いだ。

 再び4階に戻り、今度は広東歴史文化陳列へと足を進める。ここでは、広東省の歴史文化及び彼らの風習を展示。広東省と江西省を結ぶ梅関のレプリカをくぐり抜けると、広東省の人々の生活を紹介する三大民系、実物のドラゴンボートを展示した猟徳龍舟、清の時代、広州が海外との対外貿易港になったときに栄えた商人グループの十三行(現在の文化公園あたり)など古代から改革開放までの時代を紹介している。


 ここまでゆっくり観光してざっと3時間。全部観光すれば半日以上はかかるほど展示物が充実している同博物館をぜひ家族や友だち同士で訪問してもらいたい。

2017/4/25