安住生活 いつでも どこでも 安心を
ログイン

メールアドレス / アカウント名/携帯番号

パスワード

123

アカウント名

メールアドレス

パスワード

もう一度パスワードをご入力ください

上記のメールアドレスで会員登録の認証をお願いします

アカウント名

携帯番号

認証番号

パスワード

もう一度パスワードをご入力ください

上記の携帯番号で会員登録の認証をお願いします。

携帯番号でパスワードを再設定

携帯番号

認証番号

新しいパスワードをご入力ください

もう一度新しいパスワードをご入力ください

親友を追加

何かと言って

4月16日、全国ダイヤ改正を実施
珠海行き高速鉄道が大幅増

 3月21日、中国鉄路総公司では4月16日に新たな全国ダイヤ改正計画があると発表した。このダイヤ改正では高速列車、動車組の増便、運行区間変更などが行われ、25.5本の列車が新たに登場。地域によっては逼迫する切符の供給問題解決に向けて一歩前進した形だ。4月16日以降、中国全国を走る1日の列車総本数は3615本にのぼる。

  逼迫する地方の切符供給問題を緩和させるための新たな一歩となる今回のダイヤ改正。中国鉄路総公司では、さらなる輸送量増強のために、滬昆高速鉄道(上海〜昆明)、杭深高速鉄道(杭州〜深圳)、南広高速鉄道(南寧〜広州)、貴広高速鉄道(貴陽〜広州)、寧蓉高速鉄道(南京〜成都)、京広高速鉄道(北京〜広州)などで25.5本の列車本数を増便、これに合わせて37本の列車を8両編成から16両編成にする重連運転で輸送力の増強を図った。また、夜発早朝到着運行の寝台動車組を昼運行にも回し、輸送の確保に努めている。

 さらに、これまで以上に移動がスムーズに行なえるようにするため、一部の地域では、27.5本の列車の運行区間を変更する。例えば、昆明南〜広州南、鄭州東〜広州南、深圳北〜広州南、潮汕〜広州南を結ぶ列車の一部は、4月16日以降は珠海までの延伸が決まっている。

 一方、在来線の長距離列車でもダイヤ短縮が行なわれ、4月16日以降、成都〜福州間のK390次の運行時間は5時間49分短縮され、杭州〜成都間のK1271/4次の運行時間は4時間8分短縮する。

 鉄道部によれば、4月14日以降の切符発売は3月21日より開始するとアナウンス。切符予約サイトの12306などから発信する情報を得るように呼びかけている。

 2013年以降、中国鉄道では毎年2回にわたるダイヤ改正を実施。16年は1月、5月、9月にダイヤ改正が行なわれ、そのうち5月はこの年の最大規模の改正となり、300本の列車が新たに登場した。17年に入ってからは、春節前に一度改正が行われ、今度の4月に2度目の改正を実施する。

2017/3/22